Amazonベストセラー

閉鎖予告

毎度「アンヘレス生活サポードブログ」をご購読いただき誠にありがとうございます。

突然の告知とはなりますが、この度、ブログを閉鎖することになりましたので皆さまにご報告とさせていただきます。

既に他のブログも立ち上げていることもあり、そちらに情報を集約していきますので、ネットサーフィンしていて同じような文面に出会いましたら、私だと思いますのでまた遊びに来てください。
(残念ながら分野は全く異なり有料サイトです。ご紹介も共同運営者の手前上差し控えさせていただきます)

フィリピンは魅力的で素晴らしい国ですが、それと同じくらい嫌なことも存在します。
フィリピン=全ての望みがかなう国ではありません。

1年に1度はご自身のライフプランを見直し、修正できるようにゆとりをもって生活できれば幸いです。

最後は、自分の判断でフィリピンに関わることになると思いますが、くれぐれも多方面にお気をつけください。
お金、健康、食事、人間関係はもちろんのこと、ご自身のマインドもしっかりコントロールできる環境作りが大切です。

私と少しでも関係がありました方々の幸せを願って最後の言葉とさせていただきます。
長年ご購読いただき誠にありがとうございました。

                                               アンヘレス生活サポートブログ 管理人

ありがとう
スポンサーサイト

プロの詐欺師

■プロの詐欺師

詐欺師とは聞こえが悪いものですが、悪徳業者を逆に騙しお金を取り戻したという話を聞きました。その悪徳業者は売買契約のキャンセルにも応じず、訴えても動じず、どうしようもないという状況だったようですが、数人のプロが団結しやり込めたようです。
詳しい手口やどのような手法を使ったかは教えてくれませんでしたが、話を聞いている限りではかなり信ぴょう性がありました。
フィリピンには、日本で詐欺をはたらき逃亡しているものもおりますので、十分お気をつけください。
関連記事をご紹介します。

○佐川印刷の子会社から4億円をだまし取った疑いが持たれたままフィリピンに逃亡していた元役員が強制送還され、京都地検に逮捕されました。
電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕されたのは、佐川印刷の元役員・湯浅敬二容疑者(63)ら2人です。2人は2年前、佐川印刷の子会社の業務で資金が必要になったように装い、4億円をだまし取った疑いが持たれています。佐川印刷によりますと、湯浅容疑者は海外での自動車レース事業などに充てるために子会社の金を不正に流用していたということで、総額は約90億円に上るとみられています。
出所)日本経済新聞

●詐欺でもいろいろな手法があると思いますが、全く思いもよらない手法を編み出したのであれば、その能力は正しい方に使っていただきたいのですが、正攻法を考えていたのであればその手法というのは生まれていないことでしょう。
また、自分では詐欺、ウソをついていないと思っている勘違い詐欺というのも、非常に厄介な話です。

人を騙そうと思って行う行為は犯罪ですが、人に誤解を招いて結果的に損害を人に被らせたとしても、罰せられるケースはほとんどないことでしょう。しかし、結果的にはこの被害が一番精神的ダメージが大きく、自己責任だけては済まされない問題です。しかも、その後も継続的に搾取されていることに気づくには時間もかかります。

日本を代表する人気ロックバンドのボーカルが長い間洗脳されていましたし、お茶の間の人気であった有名お笑い芸人もその洗脳がとききれていないようです。
フィリピンマジック、フィリピントラップにかからぬよう、十分お気をつけください。


経済情報を撒き散らす詐欺師たち―プロが素人を誑かす談合資本主義


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

フィリピンのGDP

■フィリピンのGDP

先日(11月14日)、日本の7月~9月GDPが、年換算で2.2%の高い伸びだったと内閣府から発表がありました。更に、トランプラリーの影響もあり、上乗せも期待できるようです。
日本は成熟されている国ですから、そこまで高い成長率は望めません。どこかの大国を真似て、何%成長するとか公言するのでなく、身の丈にあった成長でよいとも言えます。政府も小さくしていただき、税金も安くしてくれた方が国民にとってはうれしいのではないでしょうか?
フィリピンのGDPをご紹介します。


○フィリピン統計局が発表した第3・四半期の国内総生産(GDP)は前年比7.1%増で、市場予想(6.7%増)を上回り、約3年ぶりの高い伸びを記録した。

政府は6.3─7.3%増と予想していた。

季節調整済みの前期比は1.2%増で、こちらも市場予想(1.1%増)を上回った。
前年比伸び率は、第2・四半期(7.0%)から若干加速。前期比は第2・四半期(1.8%)を下回った。

家計消費の伸びは7%台を維持し、全体を押し上げた。固定資本投資の伸びは20%台に乗せた。公共建設事業が2桁の伸びを維持した。民間建設事業の伸びは16.2%。第2・四半期の8.0%から伸びが加速した。
出所)ロイター

●フィリピンはなぜゆえに、こんなにも成長したのでしょうか?
まさか、ドゥテルテ新大統領による、ドゥテルテミクスでしょうか?いいニュースがあると国民の消費意欲もあがるのでしょうか?日本も7月~9月にいいことがあったでしょうか?
振り返ってみると、ありましたね。個人的にはオリンピックが一番盛り上がりました。日本人選手の活躍は見ていて気持ちがいいものです。しかしながら、オリンピックの後は反動でその経済圏がダメになるというアノマリーもありますから、東京五輪の時はそれを払拭してほしいと思います。
あとは、ポケンモンが大人気だったようですね~。今となっては、20代のポケモン離れが著しいとニュースにありましたが、こちらも振り返ると大きな反動となってしまいました。

大幅増益、大豊作、圧勝とかは気分がよくなりますが、地味でも毎度同じような結果を残したいものですね。


不動産の価格がわかる本



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。